レビトラのタブレット

本領発揮 ED治療薬

レビトラのタブレット

レビトラのタブレット

レビトラはタブレットタイプのED治療薬の一つであり、
日本では、2004年に認可され医療約としての取扱が認められました。

日本で初めて登録されたED治療薬が、1999年のバイアグラですので、
約5年後に登録されています。

その為、いくつかの点でバイアグラを上回る効能効果を発揮できます。

まず、どちらとも、血管拡張作用という血管を広げる作用がありますので、
それに伴った副作用が現われます。

血管が広がると、頭痛が現われます。
頭痛は、血管が狭くなった時に発生すると誤解されがちですが、
逆に血管が太くなり、脈が激しくなることで脳内を圧迫して起こります。

その為、このタイプの治療薬も頭痛が発生することが認められていますが、
そこまで強いものではないので、もし酷い頭痛が襲ってきた場合は、
医師に相談した方が良いでしょう。

また、グレープフルーツなど、一般の食材でも血管拡張作用のあるものもありますので、これらとの食べ合わせは十分に気をつけておく必要があります。

同じ作用同士を重ねてしまうと、
効き過ぎてしまい、後遺症が残ってしまう場合もあります。

ですので、ED治療薬を服用する際は、念の為に一日を通して
食事内容に気を付けておきましょう。

レビトラをためす機会レビトラの影響について

新情報

その他の記事

サイト一覧

copyright(C)本領発揮 ED治療薬