レビトラの硬さ

本領発揮 ED治療薬

レビトラの硬さ

レビトラの硬さ

レビトラはED治療薬の一つで、
1999年にバイアグラが日本で認可されたのに続き、
2004年に認可されました。

レビトラは、バイアグラに比べ、効果が強く副作用が弱いというメリットがあり、
即効性があることから、使い勝手が良く人気があります。

また、レビトラでの勃起率も高く、より強力な勃起が出来ることから、
非常に信頼されています。

副作用が弱いと言っても、バイアグラと基本的な作用は同じですので、
頭痛、めまい、動機、充血、のぼせなどの症状は現れる恐れがあります。

これは、勃起させる為に必要な、血管拡張作用があることが関係しています。

男性器は、性的刺激を受けることで、血液が内部に流れ込み、
それを海綿体と言われるスポンジ状の血管が吸収することで膨らみ勃起します。
しかし、加齢による動脈硬化などで血流が悪くなることでEDが発症します。
その為、血管拡張作用により血管を広げ、血流を広げることが必要になるのです。

もちろん無理やり血流を良くしていますので、副作用が発生してしまいます。

また、グレープフルーツなど一般の食材にも血管拡張作用があります。
ですので、レビトラ服用の前後にこれらの食材を食べていると、
血管拡張作用が強くなってしまい、
後遺症が残ってしまう恐れがあります。
十分注意して服用しましょう。

レビトラの影響についてレビトラとパートナー

新情報

その他の記事

サイト一覧

copyright(C)本領発揮 ED治療薬